風俗嬢をよく観察すること

風俗のお店に行った時には、風俗嬢にあれこれやってもらいたいことをお願いするのですが、簡単に引き受けてくれる風俗嬢もいれば、困って考えてから「できない」と言う風俗嬢もいます。 私がお願いするのは、一人エッチとか、ストリップ劇場のポールダンスのような、男性を誘うようなダンスをさせたいのです。20妙程度でもノリでやってくれる女の子も多いのですが、聞いただけで「絶対に無理」という風俗嬢もいて、困ってしまいます。 しかし、このような話をしていると、何をすると恥ずかしいと思う子なのか分かってくるので、脱がしながらその部分をイジっていきます。女性との関係は緊張感がないと興奮とも高まらないと思うのです。 なので、風俗嬢と親しくなっていないときが一番盛り上がると思います。恥ずかしいことをさせて、そこからイジっていき、興奮度が高まった頃に本番をするのが私の好きなパターンなのです。 出来れば本番前に、一度はイカせたいのですが私のテクニックがないからなのか、それはとても難しかったりします。風俗嬢によっては簡単に何度もいく子がいるので、何度もイク様子を見ることができますが、その後グタッとなって、何も動かなくなるのは困ってしまいます。 風俗嬢によって、どんな女の子なのか観察して、遊び方を変えるのが楽しいのです。

 

若い女の子と遊ぼう

風俗を利用するメリットとしては、若い女の子と気軽に遊ぶことができるという点にあります。年齢の高い人が若い女性と遊ぶというのは非常に難しいことで、触れ合うこと自体が大変になっています。こうした状態を考え…

譲を選ぶ運命のじゃんけん

先日友人と一緒に風俗を楽しんできました。
今回行ったお店は、制服プレイが楽しめるコスプレヘルスです。
友人と一緒にそのお店に入りましたが、ここで一つ問題がおきました。

ヘルスの発展と進化

現在日本には、さまざまな風俗店が展開されていますが、特に多いのが「ヘルスサービス」を行うタイプの風俗です。簡単に言ってしまえば、ヘルスサービスとは本番行為を一切行わず、体や手、口などを使って性的快感を与えるサービスのことです。日本の風俗では本番行為が禁止されているため、このようなヘルスサービスが主流となっています。 ヘルスは以前は店舗型の風俗店が多く、それらは「箱ヘル」などと呼ばれました。箱ヘルはシャワーやベッドなどが置いてあるごく簡素な部屋でプレイを行うもので、ソープに比べると安価であったため、若者を中心に人気を集めました。 しかし、2000年代に入ってインターネットをはじめとした通信機器の発達に伴い、無店舗型のデリヘルがヘルスサービスの主流として台頭してきます。2010年代にはデリヘルが全ての風俗店のなかで最も多い業態となっています。デリヘルは、デリバリーヘルスの略であり、出張してヘルスサービスを行うものです。特にラブホテルや男性の自宅などでサービスを行います。地域によっては出張代が設けられているケースも多いです。また、同様のサービスでホテルのみでサービスを行う、「ホテヘル」tぽいう業態も現在とても人気を高めています。

おすすめリンク

ナチュラルリゾートは京都のマッサージです
大阪の性感エステで一押しはオペラです
神戸マキシムは福原のソープです
京風は雄琴のソープです
高級店ガイドの一押しは高級ソープです